2016-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.11.12 (Thu)

職人の技

修理
   女将の蔵だより       NO66  矢野美代子 記
 早いもので、いつの間にか11月になりました。今年は雨が少なく、我が家は、今、屋根の修復で左官さん達が外の仕事をしています。古い瓦を洗って、使えるのは、使用して大切にされているのを見ると感謝で一杯の今日この頃です。さあ、蔵だより読んでくださいね。

    純米大吟醸 権右衛門   金賞受賞
 10月末の日曜日「蔵見学に来てもいいですか?」との☎がありました。「どうぞ」と電話を切りました。当日「12時50分の福岡発の電車で行きます」と来られました。早速蔵の中を案内しました。後、お酒の試飲をしてもらいました。権右衛門が気に入られ、実は、このお酒をプレゼントで貰い気に入り、蔵を見たいと思い来ました。なんと、東京からのお客様でした。ビックリしました。今年
福岡国税局酒類鑑評会吟醸の部で「金賞」いただきました。本当に皆様に愛され私達は、幸せを感じると共にお酒造りの励みになります。 感謝です。


    日本の職人の技
今、たつみの蔵の修復をやってもらっています。大工さんが「よく倒れなかったですね」と言われるぐらい痛んでいました。でも、職人さんの仕事への情熱で何とかよみがえっています。土壁の中に竹を縄であみ込んでいく竹の芸術。美しいです。土で隠すのが惜しいくらい。又、大工さんが釘を使わず、木の寸法を計り、くい込ませる。昔の人がやる手法で、再現されています。それを見て、日本人の技の凄い事を学びました。酒造りも同じです。昔からの造りに忠実に、そして、心を込めて日本の文化を継続したい。皆様に喜ばれるお酒を造り続けたいと切に思うようになりました。工事関係の方々に学ばせてもらっています。感謝


    金泉寺
 もう、4年前になります。「古社寺」の取材の最後は太良岳神社の上宮と金泉寺でした。長崎県との境界の山の中です。空海さんが建立した修行道場の寺です。その寺はあまりにも傷み、登山家の方々、有志方々の寄付などで再現されました。寺の管理の方から大法要案内をいただきました。改築中だから「エネルギーを貰いに行こう」と主人と行きました。以前、この山道で迷子になり犬が誘導したのを覚えています。車を降りて、歩いて30分位したら、お堂の前には、護摩炊きがあっていました。以前この火の中に「竜」の現れた写真を管理の方からもらい、私はここで火渡りしたいと思い渡りました。主人の写した写真は足を上げ「ひょっとこ踊り」みたいに写っていましたが、とても気持ちがよく、日常のストレスが吹き飛んだ気がしました。自然の素晴らしい力と元気をいただきました。
スポンサーサイト
22:27  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.11.10 (Tue)

福岡国税局酒類鑑評会金賞

kisyouk
平成27年度の福岡国税局酒類鑑評会の表彰式一般公開利き酒が11月5日開催されました。
お陰様で、今年は純米大吟醸権右衛門が金賞を頂きました。
社員一同励みになると喜んでいます。
今年の造りも今月末から始まります。
今年も皆さんに喜んでいただけるいい酒を造ります。
13:55  |  お知らせ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.10.09 (Fri)

一万人乾杯プロジェクト

    女将の蔵だより     NO65   矢野美代子 記
 秋風が心地よく、気持ちのいい季節になりました。皆様如何お過ごしでしょうか。今月は、早めの蔵だよりです。いろいろな事を後で思い出すより、気がついた時に書こうと決めました。さあ、読んでくださいね。

     亀
 飼っている35歳の亀が、前線の通過で、嵐みたいな日に行方不明になりました。多分、風雨がひどく、恐かったと思います。長男が2歳の時、お祭りの夜店で買った亀でした。一度だけ散歩させて、見失いましたが、3日後に戻ってきました。今回もあきらめて、電卓を取りに事務所の社長のイスを動かすと、なんとイスの下からごそごそと亀ちゃんが出てきました。「僕は社長だよ」と言わんばかりでした。見た瞬間に笑いました。こんな長くいるので、亀ちゃんも「社長」と考えたのかな?それにしても、愛すべきペットです。どうぞ宜しく。

    第3回チャレンジ 佐賀県 一万人で乾杯プロジェクト
 10月1日「日本酒の日」です。
佐賀県産の日本酒で乾杯するイベントがありました。今年は600店舗の飲食店で一斉に乾杯が開かれ、3回目にして一万人を上回る1万541人が参加してくれました。朝から前線の通過で嵐のような風雨。1万人達成できるか心配しました。でも、夜7時35分に自分が担当の飲食店に☎をかけますと、気持ちのいい返事。「もしかしたらいける」と思いました。主人は22時に列車で帰ってきましたが、「1万人達成」と感無量でした。一つの事を続けていくのは大変ですが、その姿に共鳴して、多くの方々が参加下さり人の温かさを感じました。関係者の皆様、お客様、多くの方々に感謝致します。私達蔵元も甘えることなく、心を込め喜ばれるお酒造りに精をだしますので、宜しくお願い致します。ただ、お酒を飲むときは、横に和らぎ水を用意して健康的な飲み方をお願い致しますね。でも、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

    会話
 主人と近頃会話をすると、人の名前が出てきません。「ほら、あのよく笑う人」とか「よくしゃべる人」とか『ああ、あの人ね』その人の感じはよくわかるのですが、つい、名前を意識しないので話すと出てきません。お互いに、これは、将来困ることになるかも知れないと意識はじめました。今日から「お互いに人の名前はきちんと言いましょう」と取組みを始めました。老化防止に。まあ、それにしても「よくしゃべるね」と主人から言われる今日この頃です?

18:54  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.10.06 (Tue)

矢野酒造平成の大改装

s-IMG_0820.jpg
おはようございます。矢野酒造の矢野美代子です。
朝晩冷え込み秋の気配を感じる今日この頃です。皆様いかがおすごしでしょうか?

さて、我が矢野酒造の建物は、なんと明治時代に建築された、佐賀県の遺産に指定を受けています。
ところが長年の風雪に耐えておりましたが、さすがに時の流れには勝てず、色々な所に弱ったところが出てきました。
貴重な矢野酒造の建築物を後世に残すために、今回、思い切って大改装に着手しました。

その為、お約束しておりました秋の蔵開きを中止せざるを得なくなりました。心待ちにされていたお客様には大変
期待を裏切るとともにご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

また、来年の春には改装も終了し、いつものイベントを開催できる見通しです。
これからも矢野酒造を宜しく、御ひいきのほど宜しくお願い申し上げます。
この季節どうぞお身体ご自愛くださいませ。            
10:32  |  お知らせ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.09.23 (Wed)

女将の蔵たより63

   女将の蔵だより  №NO63 矢野美代子  記
長い梅雨が終わるとまるで反動みたいに、ああ、暑い本当に暑い日々になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。お庭のセミも梅雨で今年は鳴かないかもと心配しましたが、梅雨明け宣言と同時みたいに「みーん、みーん」と鳴き始め自然の摂理に驚きました。熱中症に負けず蔵だより書きます。読んで下さいね

   肥前蔵心純米酒
事務所の横の「たつみの蔵」は昔、精米所でした。今はお酒の試飲や、コンサートに利用しております。遠方の人、旅行の方、古い家が好きな方などいろんな方がいらっしゃいます。車でない方は、試飲してもらっています。するとお酒の好みですが、純米酒(70%)が以外に人気がありました。息子の友達が酒米のレイホウを作っています。そのお米で造ったお酒ですが、値段と味で人気がありました。そこで、スローフードジャパン「燗酒コンテスト2015」酒文化研究所に出しました。お値打ち燗酒ぬる燗部門」で金賞を取りました。以前、「特別純米酒ひやおろし」もお客様が美味しいと言われましたので、フルネットの純米酒のコンテストに主人や息子は反対しましたが、出品しました。その時、特別純米酒の部門で「最高金賞」を頂きました。皆がとても驚いたのを覚えています。お客様のお酒の感覚は、造り手に取りましてもとても参考になります。今回賞を頂き嬉しいと同時に励みになっております。ありがとうございました。

   絵
 実家の母は、絵が上手です。私も上手になりたいといつも思っていました。母が、股関節の手術をしてから、絵を描かなくなりましたので日本画の道具など、私が貰ってきました。せっかくの道具。それと母が、絵を描いていた姿がいつも、頭に焼き付いていました。夜に気が向くと、ラベルの余りの和紙がもったいないので、コツコツと絵を描き始めました。気持ちが落ち着き、ストレス解消です。そして、気持ちを伝える為にもお客様に差し上げたいと思い、下手でも、気持ちが通じればと思っています。「継続は力なり」をモットーに頑張っていこうと思っていますので、宜しくお願い致します。

   植物
 花を植えてもあまり可愛がることはしないのですが、今年梅雨が明ければ凄い暑さ。植物が可哀そうになり毎日夕方鉢に「じょろ」でお水をやっています。すると「枯れたかな」と思ったのが生き生きとして、花が咲きました。嬉しかったと同時に生命力の強さを植物から学びました。孫達にも命の大切さを教えたいと思いました。植物さんありがとう。
20:03  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(1)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。