2016-12- / 11-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

2016.11.15 (Tue)

矢野酒造 愛犬

IMG_0816.jpg

我が家のチョロ吉はちょろちょろするので名前がチョロ吉となりました。
人が大好きで我が家の人気者です。
スポンサーサイト
16:08  |  未分類  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(1)

2016.11.15 (Tue)

京都旅行

IMG_1194.jpg

10月26、27日京都に行きました。
夫婦一緒ではなかなか行けないので嬉しかったです。
夜は、席を設けていただいて、舞妓さんの踊りを見ました。
日本の文化にふれたじかんでした。
招待していただき幸せの時間を頂き感謝します。
15:49  |  旅行  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.10.18 (Tue)

お知らせ

お庭の銀モクセイが香秋の気配を感じるこの頃です。
今年は、秋の蔵開きをしたいと思っていましたが、
いろんなイベントと重なり、日程の調整がつきませんでした。
楽しみにしていただいた方もいらっしゃいますのに申し訳ございません。
これからも宜しくお願い致します。
13:56  |  お知らせ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.10.18 (Tue)

肥前蔵心化粧箱リニューアルのお知らせ

化粧箱リニューアル
肥前蔵心 純米吟醸 及び 特別純米 
化粧箱リニューアルのお知らせ


肥前蔵心のロゴリニューアルに伴い、この度『肥前蔵心純米吟醸』及び『肥前蔵心特別純米』の化粧箱をリニューアルする運びとなりました。 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


○『肥前蔵心 純米吟醸』10月3日(月)出荷分より


○『肥前蔵心 特別純米』11月1日(火)出荷分より
13:48  |  お知らせ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.10.18 (Tue)

蔵だよりNO.73(2016.9)

  女将の蔵だより   NO73   矢野美代子 記  2016.9
9月に入り、なんとなく秋の気配を感じる今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。
この前からの骨折騒動で家に帰り、きちんと生活できるか不安でしたが、時間が薬。杖も持たず歩き回ることができました。普段の生活ができる幸せを感じるこの頃です。蔵だよりどうぞ、読んで下さいね

      龍宿浦(やのうら)
 皆さん、土地の地名ですが、何と呼ぶと思いますか?私も鹿島に住み38年位なりますが、
知りません。先日松尾紙店で、前の方が領収書を(やのうら)と言われ「龍宿浦」と書かれました。その地区に我が家に来ている杜氏さんが住んでいるので地名の由来を聞きました。昔、洞窟の中に龍が住んでいて、その穴の側に住んでいる人の名前が「龍」の字を必ず一字取っていると聞きました。我が家には「辰己の蔵」に「龍がいる」と言われます。同じ龍で地名に興味が湧きました。次回も地名に関する事勉強します。お楽しみに。

      肥前蔵心 特別純米「ほっこり」
 15度前後の冷蔵庫内で低温熟成させ、ひと夏を越しお酒がまろやかになってきました。
秋の夜長にお月見をしながら、お気に入りのお猪口で冷酒、お  してお楽しみ下さい。お燗では味に一層深みが増すと思います。どうぞ、お試しくださいませ。

      にわとり
 先日、祐徳稲荷近くの門前に買い物に行きました。上田商店には、お面や昔の道具が売ってあり時々遊びに行きます。この前、入院していた時、患者さんが絣かすりの服を着て、杖ついて歩いていました。後ろからでしたので、変わった服を着た患者さんと思ったら、振り返ったらなんと、意地悪ばあさんの仮面をかぶりビックリすると共にとても似合っていたので、笑い転びました。病院で初めて、おなかの底から笑いました。ストレスが消え、気持ちがスーとなりました。そこで、敬老会に仮面をかぶり皆さんを笑わせようと思い上田商店に行きました。すると、鶏が上田さんに寄ってきます。私が「なんで鶏が来るの?」すると、「餌をもらいに川を飛び越えてお店にまで来るのよ」「えーそんな」上田さんは「野生化しているので鶏は飛ぶよ。驚くことではないよ」と言われました。以前「お稲荷さんの鶏は飛ぶよ」と聞いたことありますが、こんな身近にと、不思議な感じがしながらおもしろいメガネを買って帰りました。来年は酉年。何かいい事がありそうと感じながら帰りました。

       第4回鹿島はしご酒  10月16日(日)
 今年で4回目になります。鹿島でオリジナルのお猪口を使い、チケットを購入して飲食店をはしごするイベントです。お店では、おつまみ、料理を工夫して出します。各蔵元は自分のとこのお酒をチケットで飲んでもらいます。普段お客様との直接の会話が少ないので、蔵元は意見交換や、いろいろの情報など教えてもらう楽しい場でもあります。
鹿島ツーリズムと共に定着しているイベントです。皆様「和らぎ水」ときどき飲んで楽しんでください。でも、楽しく廻るには、やっぱりいい天気がいいですね。「天気になーれ」
13:24  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>