2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2015.01.07 (Wed)

新年酒造り

新年

平成27年新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
蔵では今年の初めての蒸が1月4日より始まっています。
最初から大吟醸用の麹、38%精米の山田錦です。
中村杜氏も張り切って作業をしてくれています。
酒造りは生き物育てと一緒ですので、年末年始も常務がもろみの管理をやっています。
今年の酒順調にできています。最初の純米吟醸生酒、今月末からの出荷です。
スポンサーサイト
14:13  |  酒造り  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.09.02 (Tue)

山田錦の田圃9月1日

yamada9.1

中尾さんの山田錦の田圃です。今年は観測史上初めてといわれるほど、8月の日照時間が短く、雨は平年の2.5倍だそうですが、山田錦の苗は短い夏の太陽の光を精一杯吸収しようとしているように見えます。
いもち病の警報が出ていますが、こちらは病気は大丈夫のようです。
しかし、生育は、かなり遅れているように見えます。例年ですと、9月の2日3日頃は稲の花が開花しているのですが・・・・・。
この後、日照時間が増えて欲しい。切なる願いです。
17:27  |  酒造り  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.07.23 (Wed)

女将の蔵だより    №50 矢野美代子記


 唐津へ行く途中、麦の穂が銀色に輝いていました。主人が、「麦の穂がこの色になったら、しゃこが美味しいよ。」と言います。私は、ちょっと甘いお醤油で煮て、残った煮汁はおそうめんの汁でいただきます。「しゃこ」は皮をむくのが面倒ですが、子供達は、美味しいと身をきれいにたいらげます。この時期になると思い出の季節です。皆様この便りも50回になりました。読んでいただき嬉しく、感無量です。ありがとうございます。

   全国新酒鑑評会入賞
 独立行政法人酒類総合研究所主催の新酒鑑評会において、竹の園大吟醸が入賞しました。苦労して造っただけに、とても嬉しいです。昨年も入賞でした。次回は、「金賞」を狙いたいものです。応援して下さる皆様に感謝いたします。ありがとうございます。 

   エネルギー
東京から、登山愛好会の方々が鹿島へいらっしゃいました。聞くところによると、福岡に着き、湯布院、宮崎の高千穂へ行き夕方鹿島へ到着。600kmレンタカーでの旅行です。夜一緒に食事しても、全然、疲れ知らず話が弾みます。今夜はゆっくり休まれるのかなと思っていたら、なんと朝7時前から鹿島の武家屋敷など散策。その後、祐徳稲荷神社では、階段を登りつめて、本殿から参拝。奥ノ院まで行かれた方もいらっしゃいました。

平谷で食事の後、今から唐津へ行きます。との事。どこにエネルギーがあるのだろうと驚くばかりでした。山へ登られるので、体力があるとは思いますが、66歳の方が一番若い。お会いでき、皆様のエネルギーに感動と歩く大切さを学んだ一日でした。食事おごってもらいありがとうございました。そして、歳は関係なく気持ち、心の在り方を学びました。
14:46  |  酒造り  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.03.12 (Wed)

酒蔵見学

kenngaku
 3月29日、30日開催する鹿島酒蔵ツーリズムに合わせて市内の6蔵や、祐徳神社門前商店街、浜町酒蔵通り、中心商店街で開催するイベントに併せて、当社の蔵開きも同日開催致します。
 昨年同様多くの皆様においでいただけると思います。
 色々、昨年より少しでも楽しんでいただける蔵開きを社員で考えています。期待してお待ち下さい。
 蔵開きに先駆けて、県外の酒販店さんとお得意先の業務店の方々の利き酒を兼ねた見学が次々入っています。
 皆さん熱心に説明を聞いていただきます。今日は福岡酒販店さんのご一行「大人の遠足」です。ネーミングが素晴らしいですね・・・。
14:35  |  酒造り  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.02.11 (Tue)

出麹前

出麹前
少し大きい文字
麹はお酒造りの味や品質を左右する謂わばプロデューサーです。
麹室に引き込んだ蒸米を35度cまで冷ましに種麹を振り、その後31度cくらいで保温します。
その後、自然の発酵熱で品温が上がって来ます。24時間後に箱に移し変えてその後数回手入れをします。
50時間くらいの状態がこの画像です。本当に生き物を大事に育てて要る感覚です。
これは美味しい純米吟醸になります。
08:45  |  酒造り  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>