2014-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

2014.03.19 (Wed)

女将の蔵たより3月

  女将の蔵だより  №47   矢野美代子 記
 お庭のモクレンが、アッという間に咲きほころびました。モクレンが、こんなに大きくなると思わないで植えました。今では、車庫の天井より高くなりました。いつも剪定の時は、まだつぼみなので、そのまましているのがこんな巨木になったのでしょうね。でも、この真っ白の花は、濁った心を浄化するような気がして春の訪れを感じます。「蔵だより」さあ、読んで下さいね

    黒髪山 不動寺
 この前、黒髪山の不動寺の方がいらっしゃいました。700メートルの山に91歳の女性一人住んでいらっしゃいます。以前「古社寺」で「お寺、神社」の取材をしてからのお付き合いです。お土産を頂いたので(主人は旅行でいません)黒髪山に、一人で行ってみようと車を運転しました。まあ、地図に出てこない山道。離合もできません。心の中で「車が来ませんように」と祈りながら30キロのスピードでノロノロ運転です。途中引き返そうの何度も思いましたがUターンできません。本当にこの道?泣きそうになりながら運転しました。だんだん明るくなり頂上に近くなったとき車が見えました。「ああ、ここだ」お会いして、そこから又山に今度は歩いて登りますと崖の岩にお不動様が彫ってあります。ものすごく大きく、7メートル位あり手を合わせて不動寺に戻りました。どうして生活できるのか不思議ですが、本当に栗山座主は明るくて、「あはは」と大きな声で笑われます。この笑いが元気の源と自然の中での生活が(仙人)生かされている原点かもわかりません。帰りは、気持ちがスーとして、愚痴を言わないようにそして、楽に生活できる今に感謝しなくてはと学びました。お世話になりました

     板粕
お酒ができる時、搾るので粕がでます。この時期にお砂糖を加えて甘酒、又、シチュー、お味噌汁に加えますと、コクが出ますし、身体が温まります。私は「酒粕パック」を作ります。日本酒を板粕に加え、オリーブオイルとグリセリンを混ぜます。冬場の乾燥した時期は効果が判ります。日本酒が肌にいいことをアピールする為です。お友達に昨年パックをやったら、とても艶やかになっていました。「まだしているの」と聞くと「今は、料理に入れて、この通り艶やかよ」本当にきれいでした。ツーリズムでは、発酵研究会の人達が板粕料理を披露します。楽しみです。
スポンサーサイト
22:47  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.03.12 (Wed)

酒蔵見学

kenngaku
 3月29日、30日開催する鹿島酒蔵ツーリズムに合わせて市内の6蔵や、祐徳神社門前商店街、浜町酒蔵通り、中心商店街で開催するイベントに併せて、当社の蔵開きも同日開催致します。
 昨年同様多くの皆様においでいただけると思います。
 色々、昨年より少しでも楽しんでいただける蔵開きを社員で考えています。期待してお待ち下さい。
 蔵開きに先駆けて、県外の酒販店さんとお得意先の業務店の方々の利き酒を兼ねた見学が次々入っています。
 皆さん熱心に説明を聞いていただきます。今日は福岡酒販店さんのご一行「大人の遠足」です。ネーミングが素晴らしいですね・・・。
14:35  |  酒造り  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |