2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO.80(2017.4)

    女将の蔵だより    NO.80  矢野美代子  記
家の周りに目立たない様に、つくしがはえていました。地味な色でおまけに車が止まるので今まで全く気にもしていませんでした。こんな所に一生懸命天に向かって春を告げているつくしが愛おしくなりました。頑張っているね。私も勇気を頂いた様で頑張る気力を頂きました。さあ、蔵だより読んで下さいね。

    ツーリズム終わりました
新酒の発表の場である「鹿島酒蔵ツーリズム」が終わりました。今年はまだ仕込み中でしたのでどうなることか心配しました。当日朝6時からお米を蒸し作業を始め、なんとか間に合いました。皆で係を決め佐賀からもお客様のT夫妻が25、26の両日、一日中手伝ってくれました。立ちっぱなしの状態で疲れるのに「にこにこ」して接客。もう感謝のみでした。私は、コンサートの案内と接客。「来た方が満足してくれたら」とその祈りだけでした。「来年も来るね」と言われると嬉しく疲れが取れます。市役所、観光協会、商工会議所、銀行関係の方々、ボランティアガイド、商工会議所青年部等多くの方々の協力でこのツーリズムが成り立っています。今年は8万人。皆様のおかげで成功しました。ありがとうございました。

    めだかの学校?
ツーリズムでは、我が家の土間に北鹿島振興会のおば様方が、自分たちの一年間作った品を販売されます。日頃は、公民館に集まり和気あいあいで好きな物を作っています。そして材料費を得る為販売されますが、安い。お客様から「安すぎるよ」といわれますが、自分の作品が売れると「嬉しいし、作る意欲が出る」との事です。年齢は後期高齢者の方がほとんどで大きい声で話をし、元気がいいです。私は名前が「めだかの学校」ではなく「すずめの学校」と思いますが?

    インフルエンザ
ツーリズムが終わると、ほっとしたのか息子がインフルエンザ。その後若い池田君もインフルエンザ。まだ造りは終わっていないのにどうしよう。目の前が真っ暗になりました。蔵の人達がうつる?酒造りは皆の和の力がないとできないと不安になりました。パートさん達が「大丈夫。インフルエンザにはならないです」ときっぱり言ってくれました。言霊の強み。その後だれもかかりませんでした。皆で助け合ってくれて本当に感謝の日々でした。ありがとう。

    コンサート
大学のお友達のご主人が、沖縄の三線を弾いています。以前たつみの蔵で演奏してくれました。「のんちゃん(私の友人)に蔵開きに弾いてもらえないかな?」と相談すると「OK」日曜日8人位で長崎から朝早くから来てくれました。着物を着て独特の音色で歌う姿は、とても気持ちがよくお酒とも合いました。
感動をありがとう。嬉しかったです。感謝
スポンサーサイト
18:00  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO.79(2017.3)

     女将の蔵だより   NO79  矢野美代子 記
 寒いと思いながらも、犬のチョロ吉と土手を散歩すると菜の花が沢山咲き始めていました。野に咲く花が春の気配を教えてくれて、温かい気持ちになりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。蔵だよりNO79回になりました。「継続は力なり」気長に書いていきます。どうぞ読んで下さいね。

      嬉しかった事
 母からバトンタッチと「お墓まいり」するように言われました。いつも母が行っていたので、私も行き始めました。近頃お寺の下の家が取り壊されました。すると恵比寿様と空海様の坐像がありました。こんな所にと思っていましたら、その夜夢を見ました。「寒い」と。気になり翌日、門前で笠を買い頭に笠をつけました。又夢を見ました。「ありがとう」と。何か不思議な気がしましたが、お墓参りに行くと、坐像にも頭を下げていました。近所の方々がその様子を見て、お花を飾り、草むしりをしたよ。笠を風で飛ばない様に管理しているよ。と多くの方がお世話をして下さいます。日本人の心を感じ、とても嬉しくなりました。感謝します。

       お掃除
 主人が「某造り酒屋の社長さんがいつもほうきを持ち、蔵やその身辺をお掃除されている」と言いました。皆バタバタしているので「よし、掃除はできる」とそれから蔵の掃除を始めました。毎日場所を変えていていますと、いろんな所に気がつきます。機械が長年使用して汚れているのにも気がつきます。処分する布でふき取るときれいになり機械がとても喜んで「ありがとう」と言っているようで、私も「良く働いてくれてありがとう」と感謝がでます。
たかが、物ですがお掃除の効果。いろんな面で感謝を感じるようになりました。ありがとう

       鹿島酒蔵ツーリズム
 鹿島の6蔵元を中心に「酒」を通じた町おこしで、官民一体となり地域全体を盛り上げています。鹿島の酒蔵を巡り、蔵元との交流、町中の散策、歴史など楽しんでもらえるイベントで、隣町の嬉野温泉酒蔵3蔵も加わり春の一大イベントです。
 我が家は、たつみの蔵では発酵研究会の方々の食品販売とコンサートを開催します。25日は深町宏さんのサックス演奏、26日はフォークソングと長崎の友人のグループで三線の演奏があります。東蔵ではお酒の試飲や販売をします。ツーリズムは「新酒の発表」と「おもてなし」の場です。遠方からも多くの方がいらっしゃいます。来てよかったと思われるように頑張りたいです。
 ただ、今年は酒造りが続いていますので、蔵の中で案内できない場所もあり、申し訳なく感じる点もありますが、多くの方のご来場をお待ちしています。
18:00  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO78

       女将の蔵だより    NO78  矢野美代子  記

 昔、子供達の遊んだ砂場に土を入れ花壇にしました。そこに植えた蠟梅が満開になり、何とも言えない高貴な香を漂わせています。急に寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今月第二弾の蔵だよりをお届け致します。どうぞ宜しくお願いします。

       思いやり
 主人は仕事から帰ると、真っ先に蔵に行き、お酒の様子を見に行きます。そして安心して家に来ます。蔵の夜の仕事は、息子が一人でやっています。主人は、息子が昼の仕事で疲れているから「自分がするから帰りなさい」と言います。息子は、主人が疲れているので「お父さんはゆっくりしていていいよ」と親子の会話を聞いていて、私はお互いの思いやりとお酒への愛情を感じます。それが喜ばれるお酒に出来上がるのではないかと二人の様子を微笑ましく見ています。蔵の神様も微笑んでいるそんな気がします。優しい心に感謝です。

       新酒ができました
 11月から仕込み始めた新酒ができました。ドキドキしながら飲んでみました。
夏が猛暑でしたので、お米が硬いと思っていましたが、素直に溶けてくれました。純米吟醸は軽快かつ、滑らか、程よい酸味と甘味、旨味の調和のとれた上品な味わいです。特別純米酒超辛口生原酒はドライかつクリア、豊富な酸でキレよく仕上げた超辛口純米酒です。皆の和で出来ました。本当に嬉しいです。でもお客様の口に入る時が勝負です。管理をきちんとして商品を出したいものです。冷蔵庫での保管をお願い致します。又、お酒を飲む時、合間に水を飲み酔いを和らげる水「和らぎ水」も一緒に召し上がり下さいませ。

       Tさんの事
 我が家は、以前は単独で「蔵開き」をしていました。先日Tさんが家の前を通ったからと寄ってくれました。もう10年以上前の蔵開きの時、閉める時に「見せて下さい」と走り込んで来られ案内したのがきっかけよね。毎年来てもらいます。近頃では、杜氏さんが「ご飯を食べるから代わりに説明して」と1時間位一人で働いて下さり、奥様も試飲の所でバタバタしていたらお手伝いして下さいます。ご両親は、お酒の「空くじなし」で楽しんでいらっしゃいます。昨年は蔵開き行けないからと1週間前にいらっしゃいました。本当に親類以上の身内みたいです。ちょっとした事の「縁」から始まり、これからも大切にしていきたいと感謝を伝えたく書きました。ありがとうございます。

        佐賀大学のお酒
 今年、佐賀大学の生徒さんが我が家の蔵でお酒造りの体験をしています。我が家は80才のおじいちゃんも杜氏さんの横で働いています。今まで若い人は縁がなかっただけに、何か新鮮な風が入ってきたみたいです。息子がいろいろ教えていますが、寒い中で自分達のお酒造りでいろいろ勉強しているのは、これからの日本の文化?支えてくれる流を感じました。造りの前、神棚に向って二礼二拍手のお詣りもしてもらっています。ちょっと驚いていますが我が家の仕事始めのごあいさつです。良いお酒になりますよ。
17:58  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO.77(2017.1)

女将の蔵だより  NO77 矢野美代子 記  H29年  1月

 明けましておめでとうございます。毎年思いますが、本当に1年経つのが早い気がしますが年を取っている証拠でしょうか?今年の目標は「飲む方々が、美味しい」と言って下さる。「造り手の想いを感じて下さる」そんなお酒が出来ますように。そして皆が健康でありますように。そんな事を考えながら初日の出を拝みました。どうぞ今年も宜しくお願い致します。

        酒造り
 昨年11月から、お酒の造りを始めました。やはり緊張します。3月まで休みなし。蔵の人が無理しない様にローテンションを組んでやっていきますが、ここで大切なのが「人の和」まず、蔵にある神様に皆で手を合わせて気持ちを一つにして始めます。古い蔵ですので、何があるかわかりません。神様守って下さいね

        言霊
表の玄関の横に、昔の着物を洗って干板を3枚並べ、そこに感銘した言葉を書き込んでいます。家の前は、車は一時停止しないといけないので、見てくれるかな?と思い書いています。「心あるところに宝あり。ひとつ拾えばひとつきれいになる」「一大事と申すは、今日ただ今の心なり」などその通りと思ったら筆で書いています。下手でも字の練習になるし、読んでくれる人いたらいいと思い今年も続けていこうと思っています。
        
        抜筆のつづり
 何年も前に銀行の待ち時間に、1冊の小さい本を何気なく手に取り読みました。感動の文章がつづられていました。熊平製作所の創業者熊平源蔵氏が社会に感謝、報恩の想いから昭和6年に創刊し戦中戦後の3年間を除き、修養、宗教、保健、笑顔などの項目にまとめ発刊。社会の奉仕事業の一環として今も発行部数を増やし海外にも配られています。私は、家の中整理していたら、昔の「抜粋のつづり」何冊もありました。ご先祖も読んでいて身近に感じ、私も読みたいと☎したら、気持ちよく発刊の都度送ってもらっています。本当に素晴らしい文章で、寝る時に読み返しますが、心洗われます。何か人の役に立つ人間に成長していきたいと思います。どうぞ、銀行や、公共施設などに置いてありますので気が付かれましたら、是非「抜粋のつづり」多くの方が読まれることを願っています。
そして、いつか蔵だよりもそのような文が書けますように成長していきたいものです。どうぞこれからも宜しくお願い致します。
17:57  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO.76(2016.12)

    女将の蔵だより  NO76  矢野美代子  記
 早いものでいつの間にか師走。昨年犬のチョロ吉がもうだめと言う事で、ペット霊園を探したりしました。だめでいいから試しに漢方を与えました。あれから1年。まだ元気に散歩しています。皆様1年間読んで下さり感謝致します。100回まで続けますので、これからも宜しくお願い致します。
     掃除
無精の私は掃除をきちんとしてないのが、ストレスの原因と思いました。家業が主だから主人に「シルバーさんに来てもらい掃除をお願いしたい」と相談しました。主人は、「いいよ」と優しい。この季節は順番待ちでしたが、来られたので「窓拭きが気になる」と言いましたら、2人で窓拭き、たつみの蔵の拭き掃除。それに気が付いたところ、「してもらいたい」と思った所をテキパキしてくださいます。ありがたいと思いました。まるで神様のプレゼント?私のストレスは吹き飛び「人がしてもらいたいことをする事」を学びました。感謝致します。

      風邪
主人が東京から帰り、ひどく咳込みました。その後、私、息子、お嫁さんの亜紗美ちゃんと次から次へと風邪を引きました。この忙しい時期にと思いましたが、私は、肺炎みたいになり点滴を受ける羽目になり、「健康のありがたさ」が一番大切と思いました。この1年間の疲れがでたかも。睡眠時間はとらなくてはいけないと思いました。(若くはなかったと気がつきました。)
     
      今年の1年振り返り
 年を取るたび思うのは、1年間の早い事。今年の1番目お酒の「権右衛門」が活躍してくれた事2番は「たつみの蔵改築」3月に完成しましたが、「これが遅かったら熊本地震では、この蔵はつぶれていたよ」と大工さんに言われました。柱も腐れ、細くなり、シロアリ、などにやられていました。良く助かったと思います。3番目骨折入院。健康な私が骨折で入院。目の前が真っ暗になりました。でも気がつきました。普段の生活ができるのはとても幸せな事。感謝を持たなくてはいけない事。4番目九州大学第2外科の方々90名以上がこの蔵にいらっしゃった事。嬉しかったです。5番京都に招待旅行で行けた事。夫婦出かける事ないので京都のお寺巡り幸せな時間を頂きました。感謝
5番目母が亡くなった事。11月半ば過ぎに母亡くなりました。精一杯生きましたので悔いはありません。私の心の中で一緒に生活?そんな安堵感があります。今までを感謝し、母のしたことを受け継いで子供達にしていきたいです。この1年ありがとうございました。来年も宜しくおねがい致します。ご縁に感謝です

17:56  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO.75(2016.11)

蔵だより   NO75  矢野美代子 記  H28年11月
 秋の気配をわずかに感じるこの頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。
犬のチョロ吉と裏のテニスコートの周りを散歩すると、どんぐりが沢山落ちていて、またサクラの花も咲いています。早く咲く品種と思いますが、秋と春が一緒にきた感じで散策を楽しんでいます。もう11月。本当に時の流れの早さにあせりを感じるこの頃です。さあ、蔵だより読んで下さいね。

         金賞受賞  純米大吟醸 権右衛門
 平成28年度福岡国税局酒類鑑評会で権右衛門が吟醸酒の部で金賞を受賞しました。春の全国新酒鑑評会でも入賞致しました。地元の山田錦を作られる農家の方々、蔵人、お客様。多くの方々のおかげで賞を頂きました。心より感謝致します。香高く滑らかな口当たり、芳醇で優しい味わい、端正な中にも米の旨味を感じさせる最高級の風格を備えた逸品。私も自分へのご褒美に頂いております。そして、苦労もあるけど造り酒屋に嫁いだ幸せを感じます。 皆様に感謝。

         生活改善
 夏に骨折してから暗い所を歩くのが恐怖になりました。そこで、自分が不安と感じた所に電池式のスポットライトをあちこちに置くようにしました。10秒点灯ですが主人達も「これは役に立つね」と感心していました。皆様お試しを。

         京都 柊家
 10月に夫婦同伴の招待旅行で京都に行きました.有名な古社寺を巡り幸せの時間を過ごさせていただきました。私は本当に日頃からよく働いているので??神様からのプレゼントみたいでした。泊まったお宿は昔からの老舗でわくわくして玄関を入りました。さすが、接客のすばらしさ。細かい気配り。笑顔。それと女将さんの温かい心が、心打ちました。犬のおかげで早起きの私達は、翌日朝6時30分位散歩に出かけましたが、玄関や家の周りに水をまき、清掃も終わっていました。この気配りは、私にはとても勉強になりました。帰ると早速朝一番に玄関掃除を始めています。主人は冷ややかな目でいつまで続くのか見ていますが、すべてに頑張ろうと気持ちになりありがたかったです。感謝です。

         粕漬け大根
 お酒の造りが早くなりましたので、大根漬けができるか心配でしたが。鹿児島のきれいな塩漬け大根入荷で何とか御歳暮には間に合いそうです。生産者の方、業者の方に感謝を込め、皆で頑張って製品を作ります。ありがとうございます。
17:54  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO.74(2016.10)

女将の蔵だより NO74 矢野美代子 記 H28 10月

家から持ってきたピアノを「辰己の蔵」に置いてコンサートの時使えるようにしています。50年以上前のですが、毎年調律していますのでいい音色です。気が向いた時に弾きますと、小鳥達が外で自分達も歌うようにピイピイ鳴き出します。自然と一体になった気がして、とても気持ちがいいです。さあ、蔵だより読んでくださいね。

洗濯機
我が家には21年前の洗濯機が今も活躍しています。息子たちが小学校の時から使っています。当時は、全自動はもったいないと思いましたが、子供達がよく汚すので、一番大きいのを購入しました。機械も当たりはずれがありますが、この洗濯機よく働いてくれます。日に3回は使っていました。一年前電源入れてスタートを押しても動かない時がありました。これだけ使えば悔いはないとあきらめました。が、「もう一度お願い動いて」と祈るようにしてスタートを押しますと、以前と変わらなく働いてくれました。嬉しくて大切に心を込めて扱うようにしています。たかが機械。でも私の宝物。 ありがとう。

      米寿のお祝い
 今年、主人の母は、88歳になります。中国にいる息子家族が一週間日本に帰ってきました。それで主人の兄弟、孫家族集まり「割烹 中央」で祝賀会をしました。久しぶりに皆が集まりにぎやかに昔の話を始めました。お父さんが病弱だったので、お母さんは、厳しい家業を支えて子供達を大学に出した事。兄弟が「割烹 中央」のお父さんに成績表を必ず見せてから家に帰った事。近所では、地域が子供達を家族みたいにして育てたこと。私の知らない事ばかりでした。又戦争を経験、厳しい時代を生き抜いた母がいるので、今、私達の生活がある事に気づきました。ありがとう お母さん。また、心を込めて造られた創作料理に感動しました。とても美味しかったです。主人が以前「自分達の造ったお酒をお祝いの席で飲める。僕は造り酒屋に生まれてよかった」と長男の結納の席でつぶやいた言葉が脳裏に浮かびました。お酒造りの頑張る気力にもなりました。全てに感謝です。

      朝起き
 犬のチョロ吉は、毎朝5時29分か、30分に必ずウオーンと鳴きます。「早起きは三文の徳」と言いますが、私達は眠たい。でも、お漏らしすればと思うと、目をこすりながら主人が散歩に連れていきます。私はご飯の用意。仏壇のお花の水替えなどすると、すぐ時間になります。目覚まし時計みたいな犬ですが、本当に時間の正確さに驚かされます。私達の健康の源かもと思うようになりました。ありがとうチョロちゃん。でも、もう少し遅く起きてもいいよ。

17:53  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |