2018-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2018.04.10 (Tue)

蔵だより NO90 (2018.4)

    女将の蔵だより    NO90 矢野美代子  記

 暖かい日々が続きました。桜のつぼみがアッと言う間に満開になりました。県外からいらっしゃったお客様が城内の旭ケ岡公園の桜が素晴らしいと褒めてくださいました。「あ、私も見に行かなくては」忙しくて桜の花の事忘れていました。自然と接しエネルギーを頂き蔵だより書きました。さあ、読んで下さいね。

    ツーリズム ありがとうございました
 今年は、天候に恵まれ8万人以上の多くの方々がいらしてくれました。鹿島の人口より多くの人達で町中はあふれました。その裏には、官民一体となり市役所、観光協会、商工会議所、ガイド養成の方々、銀行の方々、バスの運転手さんと限がありません。お客様は桜の花見と一緒に楽しんでいらっしゃいました。イベントをやるのに町全体の協力があってこそ成功できたと思います。関係者の皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございます。感謝

    蔵だより90回そして結婚40年
いつの間にか「蔵だより90回」を書いています。H先生が息子の大学の時「蔵の様子がわかるように、気が付いたこと、お酒の造りなど書いたらいいよ」とアドバイスを下さいました。月1回のペースで思った事、気が付いたこと等書いていました。そしてお二人のおかげです。「蔵だより」を送ると、絵葉書きを頂き大切に保管していますし、御住職様からはいろいろな佛様のお話等を教えてもらうので文通?みたいに続いています。よし100回目指して頑張ろう。
 そうそう、90回で思い出したのは、今年3月で結婚40年の節目でした。
以前蔵開きの原稿で「亭主関白の夫に使えて25年」と書いたら新聞社の記者の方が「もしもし」と電話してきて、「新聞は真実を書くのだから」・・・それで最後に噂では「かかぁ殿下」と言われています?を書き加えたのを思い出しました。これからも蔵だよりとご主人様、皆様どうぞ宜しくお願い致します。

    甑倒し
 3月31日が甑倒しでした。10月半ばからのお酒造り。粕漬け大根も取りやめてお酒一筋。長期戦大丈夫だろうか?と心配しながらの出だしでした。いろいろ苦労はありましたが、お陰様で皆力を合わせ甑倒しが出来ました。常務は日曜日もなく、主人私も日曜日は極力手がないので手伝いました。今日が初めての休みです。お酒の管理は続きますが、実家の墓参りをして報告致しました。緊張していたせいか疲れがどっとでました。でも心地よい疲れです。これからも皆で努力してまいります。どうぞ宜しくお願い致します。      感謝を込めて
スポンサーサイト
18:37  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |