FC2ブログ
2018-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2018.08.29 (Wed)

蔵だより NO95 (2018.8)

    女将の蔵だより  NO95  矢野美代子  記
 毎年言っているかもしれませんが、暑い 暑い 毎日37度位に気温が上がり、近頃では蚊も飛ばないような気がします。でも暦の上で立秋過ぎると、何となく夕方から涼しい風がふき、鈴虫が鳴き始め秋を感じ始めました。そして蔵だよりはNO95になりました。暑さにめげず頑張ってNO100まで目指して書きます。皆様読んで下さいね。

    福を呼ぶ儀式
 お酒が「ご縁」でのお友達がいます。女性の鏡みたいな方で気配り、お手紙に絵を添えて下さったりして、とても学ぶ事が多いのです。葉書の中に「福を呼ぶ儀式?」何かなと、読んでみると(東を向いてワハハ~と笑う儀式)ユーモアがありにっこりします。
やはり笑顔を絶やさない事。これぞ本当に福を呼ぶポイント さあ、笑顔 笑顔

    全国燗酒コンテスト
 全国燗酒コンテスト(主催:全国燗酒コンテスト実行委員会  後援:日本酒造組合中央会)の審査会が実施されました。上位30%を金賞、その内最上位5%を最高金賞と認定してあります。
 昨年お値打ちぬる燗部門(審査温度45°C)で上撰竹の園が「最高金賞」でした。今年も上撰竹の園は「最高金賞」を頂きました。えー嬉しい!
又プレミアム燗酒部門(審査温度45°C)で肥前蔵心 生酛純米が「金賞」を頂きました。皆様のおかげでお酒造りができています。ありがとうございます。
 日本酒はお燗の温度で味も変わります。これから秋になりお酒をぬる目の燗で召し上がり秋の夜長を楽しんでは如何でしょうか。

    打ち水の効用
 お盆の前に、我が家で「マイラベル作り」体験がありました。約40人位の方がいらっしゃいました。その中で30人弱の方がイタリアから観光の方でした。外は37度から38度。おまけに午後3時30分位の一番暑い時間。困ったと思いましたが、主催の方が「皆さん日本は暑い国と思われますから心配しないでいいですよ」でもね~こちらとしては快適にラベルを描いてもらいたい。そこで昔からの知恵「打ち水の効用」を思いだし、来られる前から何度も水をまきました。すぐこの日差しで水は蒸発してしまいますが、努力した効果が出てきました。皆さんラベル作りに専念していました。日本的な「縁」「和」等の言葉を筆で書いている方もいらして、皆さんとても日本的な「礼儀」や「感謝の心」を持っての自然なふるまいに逆に勉強させられた気がします。
 嬉野市の蛍窯の福本さんがお猪口のプレゼントを下さり皆さん大喜びで帰られました。打ち水の効果は先人の知恵だけど、今に生かされる生活の知恵と改めて真夏のイベントで学びました。暑い中、皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト



18:00  |  美代子の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |