FC2ブログ
2018-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2018.09.24 (Mon)

蔵だより NO96 (2018.9)

     女将の蔵だより   NO96  矢野美代子 記
 早いものでお彼岸を迎える季節になりました。皆様如何お過ごしでしょうか?
ご無沙汰致しております。今月はいろいろな出来事がありました。いつも書いていた愛犬チョロ吉が天国に旅立ちました。と同時に37才の亀吉がその日に逃亡ました。たかがペットでしたが寂しいです。さあ、蔵だよりNO100にむかって頑張ります。読んで下さいね。

      東京日帰り
 全国燗酒コンクール(主催 全国燗酒コンクール実行委員会 後援 日本酒造組合中央会)の表彰式が東京であります。お値打ちぬる燗部門で「竹の園上撰」が最高金賞を頂きました。昨年もいただきましたが、皆忙しく表彰式は欠席でした。今年も皆忙しいので私が「表彰式に行く」と言いました。いろんな方々にお会いしてお酒造りの励みにします。家族は何をやらかすか不安の目で見ていますが、都会の空気をエンジョイしてきます。皆様ありがとうございます。

      チョロ吉
 娘が佐世保に就職して連れてきた犬です。5歳まではチョロチョロして目が離せません。ラッキ―と名前つけましたが、あまりにチョロチョロするのでチョロ吉と名前を変更しました。獣医さんが5歳になれば落ち着きます。その通りでした。主人が大好きで、車の音で帰ってくるのがわかり迎えに行っていました。3年前癌が見つかり駄目と思いましたが、今まで精一杯生きる事を教えてくれました。たかがペットでも大切な家族でした。ありがとう。

      唐喜山  赤後寺(転利観音)
 ひょんなことから、滋賀県に行かれたら、是非見て頂きたい。とS氏が言われました。自分達の地区で当番を決め観音様を守り続けていますよ。そこで「明日石山寺にお詣いりに行きます」と連絡しました。すると1時間半かけて石山寺にS氏は迎えに来てくれました。行先は滋賀県でも北の方の高月です。周辺は「観音の里」で有名です。車を降りると大きな杉木が立ち並んでいます。ひんやりした空気は霊験あらたかな雰囲気を醸し出しています。階段を上っていくと赤後寺があります。中に入ると古びた厨子の中に平安初期(国重要文化財)の聖観音立像、千手観音立像の二体(高さ180センチ以上で気品に満ち溢れ端麗な容姿)がありあわてて手を合せました。昔、戦火を逃れる為村の人々が観音様を川底に埋めましたので、手がありません。その姿に心を痛めました。でも地区の方々が当番制で毎朝御仏飯、お水をあげ、夕方それを引きに来ます。守られている事を感じ、子、孫にも残したいと地域一体で守り続けている姿は感動でした。
スポンサーサイト



10:00  |  美代子の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)
 | ホーム |