FC2ブログ
2019-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2019.04.25 (Thu)

蔵だより NO103 (2019.4)

                女将の蔵だより  NO103 矢野美代子 記

お庭のツツジは日当たりが悪く、5~6年枯れた状態でした。切ってしまおうかと思いましたが、肥料をやり水も与えていました。ふと見るとピンク色の花が咲いています。昨年犬と亀を同時に失っただけに、何か希望が湧いてきました。嬉しいです。さあ、蔵だより読んでくださいね。

      ツーリズム
酒造りの発表の場でもあるツーリズムが3月23、24日ありました。先ずは天気。晴れます様にお祈りしました。当日は良い天気。神様が味方してくれた。と自分なりの解釈。我が家では、「おもてなし」を目標にして、市役所、観光協会、民間企業、ガイドの会等多くのボランティアの方々が蔵の人達と共に2日間皆疲れも見せず頑張ってくれました。毎年遠方からいらっしゃるお客様もいて「チョロちゃんは」と名前を言われる方もあり犬なりにお客様に接していたと思いました。群馬の鏡さんは、三線を持ってこられ演奏して場を盛り上げてくださいます。1年があっという間で「お久しぶり」の声があちこちで聞こえ、「来年も会いましょう」も聞こえます。お祭りでもあるけど、人の輪が広がり「和」でもあるように感じます。今年も無事に終わりほっとした充実感を覚えます。一つの励みとして頑張る気力を頂きました。皆様お疲れ様と同時に感謝致します。

      金泉寺
 金泉寺は佐賀県と長崎県の県境の多良岳の山にあります。以前新聞社のリポーターで最後の「古社寺」取材が太良嶽神社の上宮と金泉寺でした。それまで5年半の取材でしたが、不思議な事に新聞に載った記事の数は何と煩悩の数と同じ108でした。取材で金泉寺に行く途中で山道に迷ってしまった時、犬が出て来て誘導し車道に出た記憶がありこのお寺は特にインパクトが強かったです。話は変わりますが、今から5年前「たつみの蔵修復」の時、私はストレスで参っていました。そんな時金泉寺(空海様の九州修験道場)秋の火渡り案内状をもらい、主人と出かけて元気を頂きました。当時護摩焚きの時炎が「龍」に見えました。もしかして「龍」が見えたらと思い、今年はもうツーリズムも終わったので、気分転換に行こうと早朝から出かけました。護摩焚きを主人が携帯電話で映しました。やはり「龍」みたいな姿が映りました。何人もの方が歓声をあげていました。ふと、朝登山道を歩いていたら、軽トラックに機械を運んで通り過ぎ、こんな山で何をするのだろうと脳裏をかすめました。大祭が終わると、ご住職が「手打ちそばとソフトクリームを用意しています」と言われました。お腹が減っていたので早速おごちそうになりました。すると軽トラックの機械はソフトクリームの機械。凄い。こんな山で頂くのは最高。とても美味しかったです。天気も味方して5年ぶりの金泉寺に満足しました。そして元気に帰りました。山にはエネルギーがあり自然に接する機会を意識的に作りたいと思うようになりました。ご住職様始め関係者の皆様、いろいろとお世話になりありがとうございました。感謝致します。

      習慣
チョロ(犬)が亡くなりましたが、主人は今迄の習慣を無駄にしない為に毎朝7、000歩を目標に歩いています。半信半疑で見ていますが、7か月続いています。それと自然に目を向けるようになりました。良い習慣をつけてくれたと感謝しております。私も頑張ろう!
スポンサーサイト



17:45  |  美代子の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |