FC2ブログ
2020-01- / 12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

2020.01.30 (Thu)

蔵だより NO108 (2020.1)

女将の蔵だより     NO108 矢野美代子 記 
昨年NO108で蔵だよりを終わるつもりでした。でも暮れで忙しいのと、新しく入った「薮田」の事を書きたいと思い年を越しました。お庭の蝋梅が品の良い香りを、又沈丁花の香りも風に吹かれて何かしら「幸せ」を運んできているそんな気がします。皆様今年もどうぞ宜しくお願い致します。


新しい搾り機(ヤブタ)
 新型の搾り機(会社の名前が薮田なので業界ではヤブタと言っています)が入りました。老朽化で(50年は使用)数年前から調子が悪い時があり、苦労していました。3年前には、搾り始めてから動かなくなり業者の方が徹夜で修理をしてくれました。私もほぼ徹夜状態で起きていた記憶があります。息子が「ヤブタが新しくならないなら造り酒屋は継続できない。」ただ醸造機械は高価で購入する事が出来るかどうか本当にぎりぎりの状態でした。
私は「願」をかけました。あらゆる神佛、ご先祖様に「何とかこの家業がやれるように力をお貸し下さい。」と祈り続けました。
皆さんの協力のおかげで政府のものづくり補助金も合格し、新しいヤブタを取り付けることができました。1月7日運転開始です。私は京都の松尾大社にその日お詣いりに行き祈願しました。日帰りの京都は大変でしたが、ぎりぎりの時間でみな無事に乗れました。幸先がいいと思い帰ってきました。搾ったお酒はとてもきれいで優しい味でした。また酒粕の分離も、蔵人が苦労しないで取れます。本当に嬉しかったです。これから忙しくなりますが、「夢」を追いかけ努力していきますので、どうぞ宜しくお願いします。感謝


     着物
 主人がライオンズクラブに入っています。休会していますが、お正月の挨拶には行っています。夫婦同伴なのですが、私はあまり出席してないです。前日、電話があり「着物で着てほしい」と言われました。友人に聞くと「私も着物よ」との返事。両親がせっかく作ってくれたから着てみようと思いました。隣の美容室は「着付け大丈夫です」の返事に早速着物を持って着せてもらいました。着ると割に楽で、食事も完食。日本文化に触れた気がして「着物を練習して自分で着れる事が出来るように」と目標を持ちました。本当にたたむと一枚の布で場所取らず日本文化を作った先人の知恵の深さを感じたお正月でした。大好きな風呂敷もそうです。亡き母がいつも着物を愛していた心がわかりました。着物を着れば、「美代子ちゃん着てくれた」と天から母が喜ぶ顔が頭に浮かびました。「よし」今年の目標に決めました?いつも自転車の私は笑われるかもしれないけど頑張ってみよう。うふふ
スポンサーサイト



14:27  |  美代子の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |