FC2ブログ
2021-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2021.05.11 (Tue)

美代子の蔵だより   No.124

                          矢野美代子 記

いつの間にかゴールデンウィークも終りました。コロナのお陰で家でのかたづけ、カーテンの洗濯など日頃しない事をして過ごしました。でも、主人が「祐徳院の奥の院へ行こう」と言いましたので、不安ではありましたが「よし、行こう」と思い初めて行きました。頂上で山のエネルギーを頂いたので「頑張ろう」  さあ、蔵だより書きます。

      そら豆
私が矢野家へ嫁ぎ43年経ちました。結婚当時、お父さん(義理父)が「美代子君、今の季節はそら豆、えんどう豆が美味しいよ」と毎日旬の「そら豆」をゆがいて食べました。父は身体が弱く、家の中でも車イスで歩くことも出来ません。でもお豆を食べる時にはとても幸せそうな顔です。38年前に亡くなりましたが、この季節になると主人も「そら豆はまだでないか❓」と催促。やはり親子だなーと思いながら父の優しい顔が浮かんできます。

     祐徳稲荷神社  奥の院
ゴールデンウィークも予定がありません。2日の日曜日、主人が「祐徳神社の奥の院」へ行こうと言いました。昔、私の33歳(女性は厄年)の時義理母から「鳥居を7つ通ると難を避けられる」と教えられました。そこで一人で石壁社迄登っていく途中「コーン」と動物の鳴き声❓がしてあわてて駆け下りました。だから行ったことがありません。よし二人ならと早速運動靴を履いて出かけました。鳥居が山に向かって沢山あり、お堂もあちこちにあります。途中から険しくなりました。「どうするかな?」と考えたら90歳位のおばあさんが「私が行けたから貴女は大丈夫」と言われ元気をもらい登りました。頂上の「奥の院命婦社」に着くと「コロナ退散」を祈り素晴らしい景色を見て帰りました。エネルギーを頂いたような気がして帰りました。
1687年鹿島藩主鍋島直朝の室花山院万子媛が、京都御所の稲荷大神の御分霊を勧請された神社です。万子媛は後陽成天皇の曾孫女です。鍋島直朝に入嫁されました。二人のお子様が生まれましたが、二人共早く亡くなられました。80歳の時石壁山の山腹に壽蔵をつくり、ここに安座して千載不抜の祈願を込め入安されました(石壁社)         資料参考「鹿島の神社と寺院」より

    夏酒(肥前蔵心 特別純米 超辛口)
北海道産の酒造好適米「きたしずく」を用いた日本酒度+12の超辛口商品です。非常にドライで軽快、スッキリした仕上がりです。食事の邪魔をせず、飲み疲れしない冷酒に向いた食中酒です。冷やしてサクッとお召し上がり下さい。

    5-アミノレブリン酸
長崎大学の研究によると、新型コロナウイルスの増殖を阻害すると話題の「5-アミノレブリン酸」が発酵食品に多く含まれており日本酒、甘酒、酒粕は特に多いそうです。

奥の院

鹿島市内の、蟻尾山交差点付近に、トトロ出現!!
ぜひ探してみて下さい!!
トトロ

スポンサーサイト



13:37  |  美代子の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |