2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.05.19 (Fri)

蔵だよりNO78

       女将の蔵だより    NO78  矢野美代子  記

 昔、子供達の遊んだ砂場に土を入れ花壇にしました。そこに植えた蠟梅が満開になり、何とも言えない高貴な香を漂わせています。急に寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今月第二弾の蔵だよりをお届け致します。どうぞ宜しくお願いします。

       思いやり
 主人は仕事から帰ると、真っ先に蔵に行き、お酒の様子を見に行きます。そして安心して家に来ます。蔵の夜の仕事は、息子が一人でやっています。主人は、息子が昼の仕事で疲れているから「自分がするから帰りなさい」と言います。息子は、主人が疲れているので「お父さんはゆっくりしていていいよ」と親子の会話を聞いていて、私はお互いの思いやりとお酒への愛情を感じます。それが喜ばれるお酒に出来上がるのではないかと二人の様子を微笑ましく見ています。蔵の神様も微笑んでいるそんな気がします。優しい心に感謝です。

       新酒ができました
 11月から仕込み始めた新酒ができました。ドキドキしながら飲んでみました。
夏が猛暑でしたので、お米が硬いと思っていましたが、素直に溶けてくれました。純米吟醸は軽快かつ、滑らか、程よい酸味と甘味、旨味の調和のとれた上品な味わいです。特別純米酒超辛口生原酒はドライかつクリア、豊富な酸でキレよく仕上げた超辛口純米酒です。皆の和で出来ました。本当に嬉しいです。でもお客様の口に入る時が勝負です。管理をきちんとして商品を出したいものです。冷蔵庫での保管をお願い致します。又、お酒を飲む時、合間に水を飲み酔いを和らげる水「和らぎ水」も一緒に召し上がり下さいませ。

       Tさんの事
 我が家は、以前は単独で「蔵開き」をしていました。先日Tさんが家の前を通ったからと寄ってくれました。もう10年以上前の蔵開きの時、閉める時に「見せて下さい」と走り込んで来られ案内したのがきっかけよね。毎年来てもらいます。近頃では、杜氏さんが「ご飯を食べるから代わりに説明して」と1時間位一人で働いて下さり、奥様も試飲の所でバタバタしていたらお手伝いして下さいます。ご両親は、お酒の「空くじなし」で楽しんでいらっしゃいます。昨年は蔵開き行けないからと1週間前にいらっしゃいました。本当に親類以上の身内みたいです。ちょっとした事の「縁」から始まり、これからも大切にしていきたいと感謝を伝えたく書きました。ありがとうございます。

        佐賀大学のお酒
 今年、佐賀大学の生徒さんが我が家の蔵でお酒造りの体験をしています。我が家は80才のおじいちゃんも杜氏さんの横で働いています。今まで若い人は縁がなかっただけに、何か新鮮な風が入ってきたみたいです。息子がいろいろ教えていますが、寒い中で自分達のお酒造りでいろいろ勉強しているのは、これからの日本の文化?支えてくれる流を感じました。造りの前、神棚に向って二礼二拍手のお詣りもしてもらっています。ちょっと驚いていますが我が家の仕事始めのごあいさつです。良いお酒になりますよ。
スポンサーサイト
17:58  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://yanoshuzou.blog.fc2.com/tb.php/116-44bcd096

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。