2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2017.09.07 (Thu)

蔵だよりNO.81(2017.6)

   女将の蔵だより    NO81     矢野美代子 記
 近頃、鉢に毎日水をやり、花が咲いた後肥料を少しだけ土に混ぜていたら、葉が生き生きと元気になり、又花が咲きだしました。ほんのちょっとした心がけで
植物は答えてくれ嬉しくなります。お庭のクチナシの香も甘く、幸せを感じる今日この頃です。さあ、蔵だより読んで下さいね。

     奈良漬
 5月末位から、瓜の入荷が始まりました。自然相手の作物ですがしっかりとした瓜で農家の方々に感謝です。皆で「美味しい」と言われるように智恵をだして漬けていこうと思っています。7月お盆には、間に合うように心を込めて造ります。どうぞ宜しくお願いします。

     茶殻
 我が家は、本当によくお茶を飲みます。茶殻をいつも捨てていたのですが、ある方が「お掃除するときお茶殻をまいて掃くといいよ」と言われたので早速土間にまいて掃き始めました。するとお茶の香りが漂い掃いた後のすがすがしさ。
何か浄化されたみたいに気持ちよくなりました。もう病みつき。皆様一度お試しください。気持ちいいですよ。

     空海様
 以前、恵比寿様の事を書きました。その横に空海様の坐像がありました。
恵比寿様よりずっと低い石の上にのせてあり寂しい顔をなさっていたのが気になっていました。その後近所の方等集まり、住職様がお経をあげて下さいました。その時D氏が横にあった石に「これが昔の空海様を載せてあった石」と言われました。そこで皆で動かして坐像を置きました。不思議。恵比寿様と同じ高さになり、お顔が笑っているように見えました。お経と共に昔の状態に戻られた空海様のお顔はとても喜ばれていました?私はすがすがしい気持ちになりました。日本人の心優しい温かさにふれ、感謝しながらお詣りしています。ありがとう

     340年前の磨崖碑「南無観世音菩薩」
 
 昔、「古社寺」を取材していたせいか、ついその関係の記事に目がいきます。道路拡張工事で佐賀市大和町梅野の山林を伐採したところ、縦約5メートル、横10メートルの花こう岩に「南無大悲観世音菩薩」と彫られているのが見つかりました。早速、主人と見に行きました。カーブで見落としそうですが、340年前に書かれたとは思えない程美しい字でしっかり彫ってありました。当時の人々の事を想い書かれたと思います。でも今「保存か取り壊しか」との事です。「どうぞ保存になりますように」と祈りました。この地区は他にも凄いお寺や、神社等あり観光資源として皆様の目について欲しいと切に願っています。
スポンサーサイト
15:49  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://yanoshuzou.blog.fc2.com/tb.php/119-59fad7aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |