2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2017.09.29 (Fri)

蔵だよりNO85(2017.10)

   女将の蔵だより  NO85  矢野美代子 記
お彼岸が終わるとなんとなく秋らしい気配を感じる今日この頃です。皆様いかがおすごしでしょうか。蔵だよりを書きました。どうぞ読んで下さいね。

     たつみの蔵
 平成14年の夏、精米所だった「たつみの蔵」をお酒の試飲、コンサート、近所の方々の作品展示等に使えるように改築しました。冷暖房がないので季節のいい春と秋にコンサートをしていました。今年で15年目。この節目に何かできないか考えていました。すると、コンサートの場所提供の話が来ました。
10月12日(木)19:00~「ジョン・ダンカン JAPAN・ツアー」
凄い方々で外国の方が3名、ピアノは石橋英子さん。メンバーの中にグラミー賞を受賞している方もいて楽しみです。節目にこの話が来たのは天からのプレゼントと思いこれからもがんばっていく気力を頂きました。感謝です。

     インターンシップ
 高校生が3名インターンシップで来てくれました。今の時期は、お掃除が主になります。会社の方針として、挨拶などの礼儀、笑顔、感謝を主に行こうと思いました。始め声が小さく緊張していたのが、お掃除してどんどんきれいになると、彼女達は、達成感のせいか顔が生き生きと積極的に仕事を探します。普通は掃除などはと思いますが、「ここをお願いします」「はい」素直に返事をして一生懸命に働いてくれます。蔵の人も「おかげで助かった」と声をかけていました。このお互いの感謝の気持ちが人を育てるのではと学びました。そして、「素直さ」
若い人に教えてもらった気がします。私も愚痴を言わないで「はい、ありがとうございます。」年を取っても可愛い人、素直な人になりたいと思いました。

     酒造り
 今年は、いつもよりお酒造りが早くなります。9月はなんとなくゆっくりしていたのが、蔵の掃除を私は場所を変えて毎日コツコツと「掃除おばさん」で頑張っています。友人が「蔵の神様が喜んでいるよ」と言ってくれました。明治の蔵だから、傷んでいるのが多く「ああ、ここも修理しないと。ここは雨漏り。」と限がありません。でも一生懸命掃除をしたら、良きお酒ができると信じています。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
     日本の文化
 京都の松尾大社に行きました。鳥居をくぐると何か空気が違うような、そして心落ち着くそんな雰囲気が漂っています。松尾大社は壮大な屋根の修復中でした。それを維持する大変さ。お蔭で日本文化が継続されていると思い
スポンサーサイト
15:51  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://yanoshuzou.blog.fc2.com/tb.php/124-45c7dd19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |