2018-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2018.01.29 (Mon)

蔵だより NO87 (2018.1)

     女将の蔵だより    NO87 矢野美代子 記
 昔、遊び場だった子供達の砂場に土を入れ、花壇にしました。いまロウバイ(梅)が華やかに咲き乱れています。蔵に行く時上品な香がして、元気をもらいます。今年は特に凄い花で、これは「先行きがいい」と心の中で自分勝手に決めエネルギーをもらっています。さあ、遅くなりました。蔵だより読んで下さいね
     ご先祖様
 娘のお産看病をして感じたのは、赤ちゃんは本当に自分の欲のみに生きているのだなと改めて感じました。お腹が空けば泣き、おしめが気持ち悪いと泣き、後は寝てばっかり。赤ちゃんだからしょうがないと思いましたが、私達も母から、母はおばあちゃんからそんなにして育てられたと思うと、一人で育ってきた様に錯覚していますが、今の自分があるのは多くの方々のおかげと感謝の念が生まれ教えられたお産でした。

      新酒
 昨年秋の10月半ばからお酒を造り始めました。いつもより1か月早いです。その為、粕漬け大根は主人から無理だと言われました。多くのお客様から「楽しみに待っていた」とのお声を頂き、又お手紙もいただき私は心残りでしたが、蔵の人にも無理をさせるのであきらめました。12月に新酒が出来上がりました。季節的に心配しましたが、とっても美味しく出来ました。今第二段階の新酒です。お米も違いますので味も変わりますが、やはり我が家の味がしっかりでていて嬉しいです。蔵のタンクに「美味しくなってね」と語りかけながら新酒の香を楽しんで回りの掃除をしています。どうぞ宜しくお願い致します。

      古布絵
 兄のお店のお客様Kさんはハガキの裏に古布で絵を描いていらっしゃいます。兄の所に行くとカウンターにはあちこちに飾ってあり、見るのが楽しみでした。センスが良くお魚でしたらウロコの影まできちんと濃淡をつけて描いてあります。我が家には古布が沢山あり今まで趣味の方に差し上げていました。でもKさんの作品を見てから「これから私の生涯の作品にしよう。そしてKさんに習いに行こう」と決めました。息子夫婦のおかげで、私は楽をさせてもらっています。夢はどんどん膨らんできました。ある日、兄から電話がありました「Kさんが静岡へ引越だよ」私は目の前が真っ暗になりました。これからの私の夢は?でも、今まで頂いた作品をお手本に作ろうと決心しました。今年3月24,25日のツーリズムにKさんの作品を兄から借りて展示します。私はコンサート担当で皆様の「おもてなし」をしたいと思います。その時是非、Kさんの作品を見に来て下さい。感動。心を揺さぶられますよ。Kさん夢をありがとうございました。
スポンサーサイト
14:02  |  女将の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://yanoshuzou.blog.fc2.com/tb.php/127-728eb4ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |