FC2ブログ
2021-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2019.01.29 (Tue)

蔵だより NO100 (2019.1)

   女将の蔵だより   NO100 矢野美代子 記
 新春のお慶びを申し上げます。新しい年を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。NO100に蔵だよりがなりました。継続は力なりと申します。自分でも感無量です。本年もどうぞ宜しくお願い致します。嬉しいです。

     銅像の画像
 我が家の5代目矢野和良さんが当時流行した「鹿島熱」の原因は「水」と考えて上水道敷設を思い立ちます。井戸掘りの専門家を自宅に滞在させ土地家屋を担保に入れ借金しての挑戦。二年にして優良な水源を発見しました。そして上水道は完成しました。その後水源地に銅像が建立されたのですが、戦争で銅像は無くなりました。今は、石碑が建っています。ところがお正月に主人の友人が「戦前のデーターに銅像を写したのがある」と言い持ってきました。早速印刷してもらいました。袴姿の立派な等身大の姿を初めて見て、私も世の為に役に立つ事をしないといけないと思いました。(小さな親切から)和良さんは肥前蔵心純米大吟醸のラベルになっている権右衛門さんの五男です。今我が家があるのもご先祖が地域の為働いて下さったおかげと感謝します。お正月に見ることが出来て感動です。ご先祖様一生懸命働きますので、これからも見守って下さいね。

     家族
 今年は、中国から帰国した長男夫婦も初めてお正月に帰省しました。娘夫婦も来てくれて大家族でにぎわいました。私は大家族で生活していたので、とても嬉しく、昔の事を思い出しました。そして幸せとは、何もなく健康に過ごせる事と実感しました。ただ私達がゆっくりしている間も、杜氏になった次男の元英はお正月もなく、もろみの世話で休みなく働いていました。その後姿を見て「美味しいお酒できますように」祈っています。

     梯子(はしご)
 タンク専用のはしごの下がぐらぐらしていました。以前、蔵で骨折した私は「怪我でもしたら大変」と昔、宮大工のIさんに「はしご」を作ってと頼みました。すると、Iさんが、「奥さん、昔の職人さんの知恵に驚ました。「差し込みの角度、傾き。100年位前のでしょうが、よくこんなのを作れたものですね。ただただ、先人の知恵に敬意を払うだけです」と感心されていました。何も考えずに修繕してと頼んだ私は驚きました。その後、出来上がったはしごに柿渋を塗り、今日の大安の日に使い始めます。後100年持つかな~。Iさんありがとうございます。これで一安心です。それにしてもはしごの価値観が変わりました。感謝
スポンサーサイト



10:41  |  美代子の蔵だより  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(1)

Comment

100号、おめでとうございます。

にぎやかな正月で良かったですね。
我が家も爺様(94歳)が唐津から来てくれ、
息子、孫、弟夫婦も来てくれ大変にぎやかで
楽しい正月を過ごせました。
今年一年は安泰と確信できました。

お互いに元気で、楽しく生きていきましょう。
平山 正幸 |  2019.02.04(月) 19:39 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://yanoshuzou.blog.fc2.com/tb.php/140-394caa55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |